塩分摂りすぎメニューに全米初の警告マーク

ニューヨーク市で一部の外食チェーン店に対し、保健当局が1日の上限摂取量として推奨しているナトリウム含有量2.3g以上のメニューに警告マークの表示を義務付けた。これは全米初で来年3月からは違反した場合は200ドルの罰金。塩分摂取量は和食文化の日本人の方が海外と比べても多いが、今回のニューヨークの施策ほど日本はまだ厳しくはなっていない。これから日本もひょっとしたら塩分に関して厳しい施策がとられるようになる時代がくるかもしれない。

関連記事
■伸びる減塩食品市場。減塩ニーズを掴む各社の商品
■商品の形状変更で、購買意欲アップ?日清クッキングフラワーに学ぶ
■糖質制限はブームから「定番のヘルスケア概念」へ
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ