寝ながらヘルスケアは人気。75万部販売の疲れとり首ウォーマー


疲れとり首ウォーマー (レタスクラブムック)

発売直後から驚くほどの反響で現在75万部売れている、付録付きムック本「疲れとり首ウォーマー」。発売から3年経った今もその人気ぶりは衰え知らずだ。ベストセラー大好評につき、本日8日に新色ボルドーが出るということで、今注目の商品だ。

総監修は、小林弘幸氏。自律神経のバランスを整えることをベースに考えた健康法や睡眠力アップ、便秘改善法を提唱しており、多くの書籍を出している順天堂大学医学部教授。本屋に行けば必ずと言ってよいほど小林氏の書籍を見かけるので、知っている人も多いはず。

近年、良質の睡眠に関する商品やサービスが次々に生まれているが、こちらの商品はその中でも群を抜いて大人気だ。「朝の目覚めが良くなった」「ひどかった首の凝りが良くなっている」などの高評価の口コミが並ぶ。

世界的な食トレンドとして今、「寝ている間にヘルスケアできる食品」が注目されている。「寝ている時間を有効活用する」という考えから生まれたトレンドで、その概念は今後、食だけにとどまらず、本商品のように体の調子を整える様々なアイテムにも取り入れられそうだ。

<関連記事>
2017年 食品市場のグローバルトレンド

 

【編集部おすすめ記事】
■最新の枕トレンドは、快眠プラスαの美容枕
■快眠求め パジャマにこだわる女性増加
■女性の快眠ニーズは今後も上昇。眠りビジネス事例
■働く女性の不調解消法は「お金をかけない」ばかりがランクイン ?