一人がいい若者世代と比較する、交流したいシニア世代の消費動向

一人になりたい若い世代と、交流したいシニア世代。このニーズの違いが明確に出るのが「旅行」だ。近年、一人旅をする女性が増えている。7~8年前から一人旅をする女性が注目され始めるようになり、今やすっかり定番に。旅工房による2015年の海外ツアー年間ランキング発表に合わせ、今年の海外ツアーの傾向として1番目に挙げられたのが「一人旅」。実際に、「一人旅」を提案する旅行会社は増えている。

女性が一人旅をする理由としてよく聞かれる声は、「一人で自由に行動したい」。一人旅は特に若年層に見られる行動だが、友人とわいわい楽しく旅行を楽しみたいと考えるシニア層とは対照的だオンライン交流が少なく、また現役時代と比べて社会とのつながりが薄くなるシニア層は「人とつながりたい」ニーズが強くコミュニケーション消費が活発な傾向にあるが、友人とはいつでもどこでもスマホでつながっていてSNS疲れまでをも感じている若年層は、「誰にも気を遣わずに一人でゆっくり旅(行動)を楽しみたい」というニーズがある。女性の「お一人さまごはん」「お一人さまキャンプ」等、お一人様を対象にした商品やサービスも話題を集めており、旅行業界に限らず一人行動をアシストする商品やサービスは今後ますます充実しそうだ。

関連記事
■中高年世代「生活ニーズの中核」にあるものとは?
■SNS称賛の裏にある「リア充疲れ女子」に焦点、サントリー面白動画
■30代~70代女性が気になる「健康・美容」のキーワードは?
■30代~70代各年代の女性の健康の悩みTOP10と、女性の悩み3つの特徴
■訪日外国人が情報収集で活用したものTOP10。第1位は?

一緒に読まれている記事