【動画】大人気「プリン体対策ヨーグルト」。女性に増加中の痛風


プリン体と戦う「明治プロビオヨーグルトPA-3」は、今年4月に明治から発売された機能性ヨーグルトで、今年の大人気商品となった。痛風を引き起こす要因として特に中高年の男性の間で知られているプリン体にフォーカスした商品と言ったらアルコール類だったが、女性の間でも「プリン体」の認知度が上がっているようだ。

各社とも、糖類0を始めプリン体0のアルコール飲料を次々に出していて、コンビニやスーパー等、何かと目にする機会が増え、痛風やプリン体の意識が低い女性の間でも、認知度は年々上がってきている

痛風は尿酸値が高くなることで引き起こされるが、女性は女性ホルモンによって尿酸値の上昇が抑えられているので、患者数は圧倒的に男性の方が多く患者の9割が男性。しかし、近年働く女性の増加とともにアルコールの摂取機会が増えたことや食の欧米化により、女性の痛風患者も増えている。

痛風=男性の病気というイメージがあり、つい女性は他人事と考えがちだが、痛風になる前に、痛風やプリン体とは何なのか?を知っておけば、痛風を予防できる同時に食生活を見直して健康行動を起こす良いきっかけにもなる。

明治プロピオヨーグルトPA-3の人気により、明治の売り上げだけではなく、プリン体を知る女性の数もどんどん増えるだろう。乳製品やスイーツのコーナーに並べられるヨーグルトは女性との接触機会も多いので、こちらの商品は更なる認知度拡大に大きく貢献してくれそうだ。

関連記事
■今さら聞けない…「機能性表示食品とは、つまり?」簡単に理解しよう
■「大人用紙おむつ」イメージが変わる?購入時の心理的抵抗を払拭するための大王製紙の工夫
■購買意欲を高める企業のweb新戦略。効率より、手間暇かけた1:1のリアルなつながり重視
■【動画】森永ココア健康効果で販促、60代消費量増加
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事