広がる「商品販促に医師の裏付け」、新たな訴求力アップに

健康・美容関連のTV番組や情報サイト、雑誌から引っ張りだこの職業、と言えば「管理栄養士」「治療家」「スポーツトレーナー」など分野ごとのヘルスケア専門家。例えば、食品に「管理栄養士監修」などと表記があるだけでも十分に他社との差別化にも使えたし、消費者への訴求力も高めることができた。しかし最近は、そのポジションに「医師」が加わるようになった。

TV番組、情報サイト、雑誌にも医師を見かける機会は増えている。医師による裏付けやコメントの説得力は各専門家たちと比較しても各段に高くなる(ただしマーケティングの知見も含めた上で各専門家を活用する場合は、管理栄養士や治療家、トレーナーなどの方が優勢だろう)。

医療従事者向けの会員サイトを運営するエムスリー(東京・港区)が展開する「アスクドクターズ評価サービス」が好調だという。

医師との共同開発商品がでるというサービスと、一定の基準を満たしたものに対して認証を付与するサービスを展開する。医師確認済み商品は今後更に増えていくだろう。

関連記事
■TSUTAYAがメディカルフィットネス開設。医師アドバイス
■医師の力を企業に活かすサービススタート。切り口に説得力
■医療系のwebメディア「メリパ」スタート

一緒に読まれている記事