資生堂「社内公募の新規事業提案制度」、最終提案に向け準備

資生堂(東京・港区)は、資生堂全社員を対象としたた社内公募型の新規事業ビジネスアイディアのプログラムを進め、「100年先の美しい生活文化を創る」ための新規事業の創出を目指す。選ばれるたアイディアは事業化される。主な審査基準は以下。

画像引用元:ロフトワーク

画像:ロフトワーク

  • 美しい生活文化の創造に合致する事業であること
  • 提案者自身が事業を担う決意を持っていること
  • 事業開始から3年以内に黒字化する見込みであること

全国資生堂社員の中から参加希望者を対象に、東京、名古屋、大阪にて全9回にわたり新規事業アイデア考案のためのワークショップを開催。アイデアをブラッシュアップさせるための集中合宿を行い、最終提案に向け準備を進める。

企業のイノベーションを実現するプロジェクト支援のロフトワーク(東京・渋谷)が企画から実行までサポートする。

関連記事
■資生堂×東京ガールズコレクションの「女子応援プロジェクト」
■資生堂が国際的広告賞で最高賞。消費行動を促す動画とは?
■資生堂に学ぶ、コモディティ化商品から脱却する方法

一緒に読まれている記事