睡眠障害は脳卒中のリスクを高める?独の病院報告

睡眠障害を有するものは、睡眠問題がない者より、脳卒中か他の何かしらの負の結果をもたらす傾向が高い可能性がある」という。睡眠市場の拡大は、脳卒中発症リスク低減に大いに貢献するかもしれない。⇒詳細「 不眠? 過眠? どちらも脳卒中のリスクを増やすかも」(リンク・デ・ダイエット)

関連記事
■広がる快眠ニーズ。睡眠専門の「動画」通販サイトオープン
■女性の睡眠ニーズは今後も上昇。睡眠ビジネス事例
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事