VRで体験する「74歳男性の生活」。医師が患者本人になる試み

高齢者患者と医療関係者のギャップを埋めるために、VRを使って「加齢黄斑変性(網膜の中心にある黄斑に支障が出て、ものが見えにくくなる目の病気)を患う74歳男性」の生活を体験してみよう、という取り組みが米国シカゴ州から誕生した。

74歳男性を「アルフレッド」と命名しており、このVRでは加齢黄斑変性と難聴を体験できるようになっている。これはごく平均的な70代の米国人を想定しているという。アルフレッドが日常的に感じる不便さを体感することができる。

動画は英語だが、動画を通して我々視聴者も少しだけ体験ができるので見てみよう。

関連記事
■遺伝子分析結果で個々に合わせたトレーニング・ケア提案
■認知症施策推進、厚生労働省の「新オレンジプラン」を理解しよう
■【動画】続かない運動…行動変容を促すのはVRフィットネス?
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ