ブリヂストンスポーツ、ナイキと真逆の戦略へ

ブリヂストンスポーツ傘下のブリヂストンスポーツセールスジャパン(東京・港区)はネット通販サイトを2016年8月に刷新し、リニューアル前の約2倍の800アイテムを揃えた。刷新前はゴルフ、テニスともにウェアのみの取り扱いだったが、ゴルフクラブやキャディバック、ゴルフボール、テニスラケットなども販売する。

ゴルフクラブ・ボール・バックなどのエクイップメントビジネスから徹底し、アパレルとフットウェアビジネスにフォーカスすることをつい先日発表したナイキとは反対の戦略をとる。

関連記事
■ナイキ、ゴルフエクイップメントビジネスから撤退
■【スポーツ庁】2025年までにスポーツ産業15兆円へ、一番の商機は?

一緒に読まれている記事