フリービット、EPARK子会社化でヘルスケア領域に参入

フリービット(東京・渋谷区)は、EPARKヘルスケア(東京・豊島区)の株式を光通信グループのEPARK(東京・豊島区)から取得し、EPARKヘルスケア子会社化したことを2016年8月27日(土)に発表した。同社はEPARKヘルスケア子会社化を通してヘルスケア領域に参入する。

EPARKヘルスケアは、全国の調剤薬局やドラッグストアが検索できる薬局総合ポータルサイト「EPARKくすりの窓口」の運営を中心に、調剤予約サービス「処方便」、電子版お薬手帳アプリ「EPARKお薬手帳」等、薬局業界を中心にサービスを提供している。

関連記事
■英ドラッグストア「ブーツ」、2017年に韓国出店を発表
■調剤薬局クオール、共栄堂を買収。新規出店20店舗見込む

一緒に読まれている記事