コンビニ各社のグリーンスムージーが人気。時短ニーズにマッチ

コンビニではグリーンスムージーの売れ行きが絶好調だ。コンビニ大手5社、それぞれが発売しており、いずれも人気商品として位置付けられている参考:日経ヘルス2016年9月号

グリーンスムージーは時間に余裕ある女性に受けいれられやすい

グリーンスムージーが大きなトレンドとなった当初は、「自宅で手作り」が定番だったが、実際に毎日の習慣として継続できるのは、専業主婦や、スローライフを生活の軸とするハウスワイフ、ワーキングシングルで家族と暮らしているなど、比較的時間に余裕がある女性に限定される。

それもそのはず、一人暮らしで働く女性にとって以下の流れを朝の日課として繰り返すのは現実的ではない。面倒だ。

1.生の果物や野菜を洗ってざくざくカット
2.ミキサー(あるいはブレンダー)に放り込み、ミックス
3.飲み干す
4.後片付け

ジュースを作る以前に、ミックスする食材選びさえも面倒に感じる女性も多い。とは言っても、そもそも美容や健康を意識している女性だ。面倒だからと言って代わりに不健康なジュースを飲む気にもなれない

時短でヘルシードリンクを継続したい!というニーズに応える

そんな不満を解消しニーズを満たしたのが、コンビニで買えるグリーンスムージーだ。特にデータは出ていないが、コンビニのグリーンスムージーの売り上げに大きく貢献しているのはおそらく、「時間に余裕がないが健康的な生活を送りたい」と考える一人暮らしのワーキングシングルや、まだ子供が小さいDewksの女性だろう。

ローソン 累計3,000万本を売り上げる大ヒット商品に

健康コンビニと言えばローソン、というイメージはすでに定着している。「グリーンスムージー」は累計3,000万本を売り上げる大ヒット商品だ。

サークルKサンクス 女性を中心にリピート率が高い

「グリーンミックススムージー」は発売から9カ月たっても売れ筋上位商品。

ミニストップ 前年度期比1.3倍

商品投入後、チルドカップ飲料の売り上げは前年同期比で1.3倍に。「MINISTOP CAFE  グリーンミックス スムージー」

セブンイレブン、ファミリーマートからも

セブンイレブンとファミリーマートからも、それぞれグリーンスムージーを発売。近年の健康思考の高まりを受け、ローソンに続きコンビニ各社がヘルシーを意識した商品を投入している。


【編集部おすすめ記事】
■DHC監修スイーツ6品、コンビニで発売開始
■ローソン、介護拠点併設型4店舗目オープン!コンビニ=健康が本格化
■「フルーツ離れ」と言われるが、食べる頻度が低くなっている理由って一体何?
■SNS映えにも健康にも◎「#フレーバーウォーター #デトックスウォーター」
■ニューヨークでは流行の兆し?最新の朝食トレンド
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ