早急に見直しを!苦情殺到!健康・美容通販に騙される人急増

通販サイトでよくある「通常価格¥5,000が今だけ、初回¥500!」といった謳い文句は、健康食品や化粧品によく見られる販促手法だ。しかし今、国民生活センターへは購入者から苦情が寄せられているという。相談件数は、2011年度520件、2015年度5,620件、そして今年度は4月以降から9月までで5,244件に達しているとのこと。売上確保とはいえ、荒手な手法での販売をしている場合は、早急に見直しをすべし。

まだ記憶に新しい、2016年8月の「PCデポ高額解約料」事件では、ネット上では大炎上、同社株価は半額以下まで下落する事態にまでなっている。売上確保の前に、まずは客を一番大事にする。事業の基本を再度見直そう。

関連記事
■消費生活相談は、健食通販が急増。EC企業は要確認
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事