60%の受診中断の患者を救うか?「スマホで診察」サービス開始

60%存在すると言われる、受診を中断してしまう患者を救うことができるかもしれない。継続的に治療を受け続けなければならない疾患であっても、継続的に病院に通うことが難しい環境にいる場合(子育て中、介護中、仕事が忙しい、足腰が悪く外出が困難、病院が遠くて通うのが面倒など)は、通うのをやめてしまうケースも多い。それにより健康状態の悪化、病気の進行を招いてしまう。

この度ネクストイノベーション(大阪・大阪市)が提供開始したサービスはスマホを利用した遠隔医療サービス「スマ診」。スマホで受診申し込み後、診察を受け、薬を自宅まで配送してもらえる。スマホ関連の新サービスやIoTサービス、webサービスなど、理解が難しいサービスが次々に登場する中、同社の新サービスは動画での分かりやすい説明も提供されているのは嬉しい。この使い勝手なら、広まりも早そうだ。

関連記事
■ IoT×都市型遠隔診療は過疎地域だけでなく、ビジネスパーソンも救う
■シンガポールの病院はまるでショッピングモール
■【平成27年度】医療費動向、昨年度から1.5兆円の増加
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事