まさに女性好み!「ヘルシー×和」のジェラートショップの魅力とは?

今までにない新しいタイプのジェラートショップ「Gelateria TIE-AN(ジェラテリア たいあん)」が2016年9月10日(土)に渋谷ヒカリエ(東京・渋谷区)にオープンした。当店のメニュー構成やコンセプト、見せ方は女性好みを徹底しており、参考になる点が多い。

女性が好む「甘くておいしいけど、ヘルシーでありたい!」を叶えてる

コンセプトは「ヘルシー×和素材」。豆乳とキビ砂糖をベースに使うことでカロリーを抑えている。ジェラートのフレバーは例えば以下が並ぶ。

  • 五穀チョコレート
  • 豆腐クリーム
  • 枝豆ラズベリー
  • チーズナッツ

これらメニューが斬新なところは、各メニュー女性が好む素材を抑えつつ、女性が喜ぶヘルシー素材とセットにしている点だ。分かりやすく表記すると以下のようになる。

  • 五穀(ヘルシー!)×チョコレート(甘い!)
  • 豆腐(ヘルシー!)×クリーム(甘い!)
  • 枝豆(ヘルシー!)×ラズベリー(甘い!)
  • ナッツ(ヘルシー!)×チーズ(甘い!)

単純にヘルシーなだけでは、女性の気を惹くのは難しい。だって、「いつもいつもヘルシーに気を遣うのだって疲れるのよ!!たまには甘いものを気にせず食べたい!」というニーズがあるからだ。

<参考記事>
・ネットで話題の「デブ活」は大きな商機?戦略ヒント例

特に月経前やストレス発散時に甘いものを求める女性は多い。とはいえ、そう思いつつもやはり添加物や砂糖たっぷり、高カロリーのスイーツばかりを食べるのは気が引ける…。「甘いものを食べたい!でもやっぱり気になる…!食べる?食べない?」というその微妙な女子心を、「ヘルシー素材×女子がいかにも好む定番甘素材」をバランスよくメニューに配合しているところがうまい!

他メニューもヘルシーでトレンド感あり!

ジェラート以外に同店では、クレープとスープを提供する。クレープといえば、女性が好きなスイーツの定番だがこのクレープも女性が安心して食べられるよう、オーツ麦・米粉・くず粉・豆乳・てんさい糖・オリーブオイルなどを使っている。クレープの中に入れるメニューもまたまた、女性が好むヘルシーメニュー。きんぴらごぼうチキン・ツナアボカド・わさび醤油・きのこアスパラベーコン・カボチャサラダが並ぶ。

スープは女性にすっかり定着したクレンズスープが3種類で、ジェラートだけではなく、ヘルシー軽食として利用したい女性ニーズも掴む。

今っぽい!女子ウケな日本文化をデザインで徹底表現

魅力的なのは、メニューだけではない。女性の判断基準となる「かわいいか(=好きかどうか)」もしっかり表現されているところも学びになる。店名は「タイアン」、オープン日も大安。コースターもロゴマークも「かわいいポップな」和。そしてキャッチフレーズは「今日が良き日でありますように」でいかにも日本流心遣いだ。

店内では和雑貨も販売する。

テイクアウトもできるのだが、これだけ徹底されたデザインやコンセプトなら、急遽友人の家にお邪魔することになったときや、会社訪問するときの手土産としても自信をもってプレゼントできる。よくある洋風の手土産お菓子よりも、目新しさも抜群で「手土産難民」の救世主にもなってくれそうだ。カワイイだけでなく、ヘルシーなら更に「気が利いた手土産をセレクトできる私はオシャレ!」となることは間違いない。

ヘルシー系飲食店というと、木目調ですっきりとしたロハスな印象のデザインが多い中、同店のデザインコンセプトは新しい。メニューから、デザイン、コンセプトメッセージ、細かな配慮など学べる点が多いショップだ。

ヘルシー食や健康食はどうしても「おいしさ」や「かわいさ」が置き去りにされることが多い。同店はその両方を叶えている。「女性が購入を遠ざける商品とは…?チェックしてみよう」も読んでみよう。

関連記事
■売れ残り商品を、画期的なアイディアで販売する方法
■どうすれば女性生活者は自社製品に振り向いてくれる?
■女性が購入を遠ざける商品とは…?チェックしてみよう
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事