爽快ドラッグ、楽天傘下に 89億で買収

爽快ドラッグ(東京・千代田区)は2016年10月28日(金)、主要株主の住友商事(東京・中央区)から楽天(東京・世田谷区)へ、爽快ドラッグの株式全てを譲渡する契約を締結したと発表した。株式取得は約89億円の現金を対価に行われる。

同社は生活用品・日用品を中心に21万点以上の商品を販売するEコマース専業の事業会社で、「楽天市場」には7店舗を出店している。楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーのグランプリを7年連続受賞するなど客からの評価は高い。2016年12月を目処に爽快ドラッグは楽天の子会社となる予定。

 

関連記事
■ドラッグストア初の取り組み、歩数をポイント還元
■調剤薬局のファーマみらい、日本初のLINE活用の健康情報配信サービス
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事