【いい歯の日】若年層も口腔ケア意識高まる 

11月8日(火)は「いい歯の日」。厚生労働省と日本歯科医師会により1989年より始まった「8020運動(80歳になっても自分の歯を20本以上保とう)」推進の一環として設定された。中高年層だけではなく、若年層も口周りのケア(口臭ケア、ホワイトニンング、歯列矯正、歯周病ケア)への関心が強まる昨今、各自治体だけではなく歯科医院などでも積極的にイベントを開催する。

関連記事
■大人女性の歯列矯正への関心高まる
■注目高まる歯・口腔の健康。「50・60代の歯の教科書」開始
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事