女性ファンが多い羽生選手起用で話題の「はたちの献血」標語が決定

はたちの献血キャンペーンは、献血者が少ない冬季に安全な血液製剤を確保するために、新たに成人となる二十歳の若者を中心に献血に関する理解を深めるキャンペーンで1~2月に実施されている。

厚生労働省は、次回のキャンペーンに向け「はたちの献血キャンペーン」の標語を公募。選ばれたのは「二十歳の君がつなげる命(木村嘉男さん20歳)」。はたちの献血キャンペーンと言えば、昨年・今年はキャンペーンキャラクターにフィギュアスケートの羽生結弦選手が選ばれ、出演するCMが話題となった。

関連記事
■厚生労働省×地域コラボでインフルエンザ対策啓発。地域密着型マーケティング
■怒りツイート続出。厚生労働省発表「低所得者は不健康」
■予防医療分野で行動変容を促せた成功事例。「乳がん検診」編
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事