頭皮ケアする女性増加 目的は「薄毛対策」よりも…?

(記事公開:2016年2月,最終更新:2017年6月)
スカルプケアというと、アンファー(東京・千代田)の「スカルプD」の人気と知名度から男性寄りの印象があるが、近年は女性向け「頭皮ケア」の商品やサービスが続々と登場している。しかし男性の頭皮ケアと女性の頭皮ケアでは意味合いが少々異なる。頭皮ケアで薄毛対策をしたい男性に対し、薄毛の危機意識が低い女性(特に若い女性)にとって頭皮ケアとは「頭皮の汚れを取って健やかな髪の毛を育てたい」「頭皮のニオイを取りたい」「頭皮マッサージで顔のたるみケア」「肩こり改善」「リッラクス・リフレッシュ」が目的だ。実際に若い女性の間で人気を集めている頭皮ケア商品やサービスは「美容」や「リラックス」の部分を訴求している物が多い。

女性のスカルプケアサービス・商品例

美容室で提供するヘッドスパ

美容サロンの予約サイトで「ヘッドスパ」を検索すると多くのサロンでヘッドスパメニューを提供していることが分かる。ヘッドスパを提供する店舗は近年になって急激に増え、「カット・カラー」とセットにしているところも。美髪、肩こり、顔のたるみケアや血色アップ、疲労回復など、薄毛対策よりも美容やリラックスを宣伝文句にしている店舗が多い。

ヘッドスパ用美容家電

ヘッドスパ用美容家電も登場している。ヤーマンの「自宅でできるプロ感覚のヘッドスパ アセチノヘッドスパ」は¥10,000代で、美容家電としてはお手頃価格だ。同社サイトでは、「頭皮ケアで顔のたるみケア」を訴求している。


ヤーマン アセチノヘッドスパ IB-20Z

頭だけではなく、目元・首も同時にアプローチできる美容家電も登場

ヤーマンの商品がヘッドスパ専用商品であるのに対し、こちらは、頭・目元・首に同時アプローチできるヘッドスパ商品。「モンデール ヘッドスパ」も、顔のむくみやたるみケアとしての利用方法を提案している。


BREO (ブレオ) モンデール ヘッドスパ iD3S(2017年モデル)

プチプラな頭皮ケア商品で人気、シャンプーブラシ

プチプラで手軽に頭皮マッサージや汚れを落とせる商品で人気なのが、2010年@cosmeベストコスメ大賞 ヘアケア部門 新人賞を受賞した、花王のシャンプーブラシ。ネット上の口コミ評価は今もなお高い。


メリット シャンプー ブラシ

関連記事
■マンダムの「頭皮に化粧水」は、若者の潜在ニーズにこたえた新商品
■商品の形状を変えるだけで、購買意欲が上がる?日清クッキングフラワーに学ぶ
■20代~60代女性のまつ毛の悩みとニーズTOP9。まつ毛市場は可能性あり?