【動画】商機は遊び感覚スポーツ。トランポリンエクササイズ東京初上陸

バランス維持のために常に体幹を意識し全身の筋肉を使う、トランポリン45分飛ぶ運動は、ランニング75分のカロリー消費に匹敵するという。そんなトランポリンエクササイズはヨーロッパ全土で人気になり、ニューヨーク、LAにも拡大、ついに日本にこの程初上陸した(東京・銀座 JUMP ONE)。

最近トレンドのフィットネスは「遊び感覚で楽しめる」

トランポリンエクササイズも、リリース時話題になったバイクエクササイズと同様「暗闇・照明・音響」を一緒に楽しみながら運動ができるもの。ここ最近の人気になりやすいフィットネスは、「苦なく遊びのように楽しむ」ことに重きを置いたものが多い。

  • 巨大な風船のようなボールの中に全身を入れて、ぶつかり合うバブルサッカー
  • 水面に浮かべたロングボードの上でヨガを行う、スタンドアップパドルヨガ
  • 天井からぶら下げたヒモにぶらさがり逆さまになったりポーズをとったりする空中エクササイズ
  • 暗がりの中、音楽にあわせて運動するバイクエクササイズ

フィットネス関連これからの商機

大手スポーツジムでは若い世代の利用人口の減少もあり(高齢者の利用は増えているが)、次々に新しく珍しいプログラムを組みこんだり新サービスを導入している。もしこれからジムやスタジオ開設をお考えの場合は、あるいは何か新しいプログラムを考案しようと企画中の場合は「苦なく、半分以上はまるで遊びのような感覚」のものを導入すると良いだろう。つまり、大人が子供の頃に戻ったような感覚で楽しめるスポーツに商機ありということだ。

 

関連記事
■スポーツジム売上ランキングTOP30発表!
■ヨガ情報メディア「ヨガジェネレーション」登場。ヨガが女性に人気の理由
■イケメンが集まるフィットネスジム。後発参入でも目立つコツ

一緒に読まれている記事