タニタ×つくばウェルネスリサーチ、自治体向け健康支援で提携

タニタは今や引っ張りだこの人気企業だ。自治体向け健康支援サービス提供のため、タニタとつくばウエルネスリサーチ(※)が業務提携した。タニタの健康計測機器・健康サービスによる「タニタ健康プログラム」とつくばウェルネスリサーチの上記プログラムを連携させることで、生活者の健康増進をサポートする支援サービス。年間で300自治体の導入を目指すとして、2016年6月10日にサービス販売が開始された。地域住民の日々の健康づくりの取り組みに対し、「健康ポ イント」を付与・管理する仕組みもあり、利用者のモチベーション向上をはかる。

昨今の健康支援系サービスでは行動変容に重きを置く企業が増えてきている。健康支援サービスの肝は「行動変容」を自然と促す仕組みがあることだ。

関連記事
■医療費初の40兆円越え。でも実は未来は明るい理由
■超高齢社会での医療課題。日本は13か国中最下位
■医師の力を企業に活かすサービススタート。切り口に説得力

一緒に読まれている記事