九州工大×IDCフロンティア、介護分野のIoT実証実験で連携

九州工業大学とIDCフロンティア(ヤフーグループのデータセンター事業者)は、介護分野におけるIoT(Internet of Things モノのインターネット)の実証実験のために、2016年6月24日に包括協力協定を締結した。介護スタッフの行動実態をIoTで把握することで、介護業務の効率化につなげたり、そのためのデータ収集や分析基盤の在り方に筋道をつける。

関連記事
■ローソン、介護拠点併設型4店舗目オープン!コンビニ=健康が本格化
■介護レクサポーター制度開始。介護施設、喜びや生きがい提供を重視

一緒に読まれている記事