【動画】人生の長さ25,915日、そのうち運動をする時間180日

「人の平均的な人生の長さと運動の関係」を調査したところ、平均的な人生の長さは「25,915日」、そのうち、運動に費やす時間はわずか「180日」、人生の0.69%ということが分かった(リーボック調べ 世界9か国9000人対象)。25,915日のうち41%、約半分の時間を占めたのはテクノロジー機器の利用、ということも判明した。

これらの調査結果を受け、リーボックは「25,915日」をテーマにしたブランドムービーを2016年7月5日(火)より、公開した。

この動画は、人生において心から走ることが大好きな女性の一生を、高齢期から子供時代にさかのぼり語られるものです。主人公の女性を通し、私たちが与えられた時間、身体を尊重し、笑顔でより充実した人生を、より健康的な日々を過ごしたいという気持ちを掻き立てられる内容です。(引用元:リーボック)

「人生の長さに対して、運動をしている時間って実は少ない!」という数字はとても興味深く惹き付けられるが、ストーリーテリングがいまいち。直感的に理解できない。運動に費やす時間はわずか「180日」という数字を全面に打ち出した動画の方がインパクトがありそうな気もするが。
同社は「生涯を通して1日1時間程度の運動を習慣づけ、180日(4,320時間)を1,079日(25,896時間)程度に伸ばすことが理想」としている。

関連記事
■TSUTAYAがメディカルフィットネス開設。医師アドバイス
■女性の消費行動の特徴を反映したサービス「レスパス」
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事