小学生の5人に1人が便秘。子供の便秘解消の取り組み実施

小学生の5人に1人が便秘であることが、明らかになった(NPO法人日本トイレ研究所調べ 小学生の保護者4833人対象)。これを受け、NPO法人トイレ研究所は9月から、2校の小学校で便秘解消の取り組みを実施する。

健康志向の定着は大人だけではなく、子供の教育の現場でも少しずつ広がりを見せ始めている。以下の記事も併せてチェックしておこう。

<参考>
・子供のときから健康管理が当たり前?小中高に健康手帳配布
・ネット依存の小中学生も、キャンプでデジタルデトックス

【編集部おすすめ記事】
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事