費用・時間・手間の大幅削減 ジェル派セルフネイルの新概念

セルフネイラー向けの商品開発を行うファンサイド(大阪・東大阪市)は、ベースジェル不要でジェルネイルができるカラージェル「ツメサンス」を11月12日より販売開始した。ツメサンスは、費用・時間・手間の大幅削減を実現しており、多くのセルフネイラーの心を掴む人気商品となりそうだ。

ネイルサロン派からセルフネイル派女性、増加

「料金が高い」「予約が面倒「サロンへ行くのが面倒」「10本中、1~2本のネイルが剥がれただけでわざわざサロンに行くのは面倒」「忙しくて通う時間を確保できない」という理由から、ネイルサロン派からセルフネイル派(セルフネイラー)に移行する女性が近年増えている。また、仕事上の理由で日頃ネイルはできないが、特別な日(結婚式や友人とのお出かけ、デートなど)だけはネイルを施したいという女性もセルフネイルを楽しんでいる。

セルフネイル派が増えている背景には、ネイルサロン並みの高品質な商品を気軽に購入できるようになったことや、プロ並みのデザインを素人でもセルフで簡単にできるようになったことなどがある。「ほぼ100均ネイル(しずくオフィシャルブログ)」人気からも、女性たちの「安く、本格的に、ネイルを楽しみたい」ニーズの高さがうかがえる。

セルフネイル「ジェル派」の課題を払拭

ただ、セルフネイルは「マニキュア派」と「ジェル派」に分かれ、後者をセルフで行う場合は、ベースジェルを塗ってからカラージェル、その後トップジェルでコーティングという工程が必要で、マニキュアと比較すると完成までに時間がかかる・面倒・コストがかかるというネガティブな側面があった。

今回同社が販売開始した「ツメサンス」はこれまでのセルフネイルの概念を一新するもので、ベースジェルの塗布とトップジェルが不要となる。一つで3役をこなしてくれるので、ジェル派のセルフネイラーにとって大幅な費用の削減、時間の削減、手間の削減が見込める。この商品の登場をきっかけに、セルフネイル派へ移行する女性はさらに増えそうだ。

セルフネイル派をサポートする商品は次々に登場しているが、最近のトレンドは一律「時短・面倒を省く」ものが主流のようだ。

<合わせて読みたい記事>
サロンよりもセルフネイル派が主流?最新トレンド商品
「落とす」ネイルよりも、 便利・時短で人気の新しいネイル
注目集める夏の時短美容商品 〜ネイルストッキング〜

【編集部おすすめ記事】
毎年この時期注目 秋のトレンドカラー ネイル・口紅・チーク・ヘアカラーに
ネイルサロン 利用実態調査2017上半期発表
「外反母趾」の検索 増える時期はいつ?期待のニッチ市場かも
じわり広がる ハラル認証のネイルカラー・サロン
今年大人気の柄!ネイルデザインに採用する女子が増加中

一緒に読まれている記事