AIパーソナルトレーナー「カロミル」 画像解析による料理品目カバー率ついに90%達成

日々の食事や運動の記録・管理を行えるヘルスケアアプリ「カロミル」は、AIがパーソナルトレーナーとなってユーザーのダイエットをサポートする。ローンチした昨年8月時点では、食事画像解析AIが識別可能な料理品目は約1,000品目だったが、2018年7月現在は5,200品目まで増えた。カロミルの全ユーザーが記録した食事の90%以上をカバーしていることになるという。カロミルを運営するライフログテクノロジー(東京・港)は、今年秋頃をめどに識別品目数を10,000まで増やす予定。

以下QRコード(ID検索:@calomeal)から友達追加し食事画像を送ると、「識別された品目名及び糖質・脂質などの7栄養成分値を返信する機能」を試せる。

【編集部おすすめ記事】
医療・ヘルスケア分野における人工知能・AI有望ビジネス(有料レポート)
乳がん発見IoTブラジャー「EVA」 2019年日本発売に期待
動画の表情から感情認識 AI オンラインカウンセリングの質向上
【推薦図書】デジタルマーケティングで「買いたい気持ち」をつくるには?
VRゲームで「肌タイプ見極め」体験 増えるデジタル×コスメ
Google 医療・健康に関するアップデートで60%に影響 医療関係者に呼びかけ