美容よりも重要 中高年層の最大の関心ごと

(2018年8月28日最終更新)
中高年層の男女が今後も維持していきたいと思うものは、男女ともに第1位が「記憶力」だった。(雪印メグミルクグループ雪印ビーンスターク株式会社調べ「美容・筋肉・栄養に関する意識調」2017,40歳~69歳の男女600人)

画像:雪印メグミルクグループ雪印ビーンスターク株式会社調べ「美容・筋肉・栄養に関する意識調」2017

若い世代の女性であれば「今後も維持していきたいこと」第1位に「肌の状態」が挙がると考えられるが、中高年層になると最大の関心事は美容から健康へと変化する(ただし、富裕層女性に関しては最大の関心事は若い頃と変わらず「美容」の傾向が強い)。

近年、中高年層は「記憶力維持」「脳の活性化」「認知症予防」などのキーワードに大きな関心を寄せているが、一方で、自分や家族の将来を心配している割には、7割の人が「認知症予防のための準備をしていない」という調査結果もあり、関心度合いと実際の行動レベルでは開きが見られる。適切な情報・商品・サービスの不足が要因かもしれない。

【編集部おすすめ記事】
女性がリピート購入する4つの化粧水に共通すること
脳老化を防ぐ!シニアの「脳活」ニーズは食に注目
【男女の違いvol.8】40〜69歳、男女で異なる「歳をとった」と感じる瞬間
自分ゴト化しにくい? 認知症に関心あるが備えなし
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース