お風呂とスキンケアに関する新常識 全問正解はわずか3名 あなたは何問正解?

一般財団法人日本健康開発財団 温泉医科学研究所は、20~40代女性を対象に「お風呂とスキンケアの新常識に関するアンケート調査」を実施した。一般女性がお風呂とスキンケアに関して正しく理解しているのか?を調査するために「お風呂とスキンケアに関する新常識クイズ」を実施したところ、500人中全問正解者はわずか3名だった。読者の皆さんも、お風呂とスキンケアに関する新常識クイズにトライしてみよう。特に6~9をチェック!

1. 毎日お風呂に浸かるよりも、シャワーの方がスキンケアには良い

×. お風呂に浸かることで、血行促進作用により、肌の新陳代謝がよくなると期待できる。

2. 肌を洗う時にはボディータオルよりも素手で洗う方が良い

〇. ボディータオルで強くこすると、肌のバリア機能を壊し、肌の保湿成分の流出を促進させまる。

3. 一番風呂に入るのが肌にとっては良い状態をキープできる

×. 一番風呂は湯に溶け込んでいる成分が少なく、肌へ刺激になることがあり、二番風呂の方が肌には優しい。

4. 熱いお湯で入浴するのは、スキンケアにはお薦めできない

〇. 熱いお湯程、肌のバリア機能を壊し、肌の保湿成分の流出を促進させる。

5. 引き締めの冷水で皮膚の毛穴が引き締まるから良い

×. 冷水で冷やすとせっかくの血流改善などの温熱効果がなくなってしまう。

6. 長時間お風呂に浸かることで、血行も良くなり肌の新陳代謝が進むので肌に良い

×. 長時間お風呂につかると体が温まり、肌の新陳代謝が進むような気がしますが、逆に大事な保湿成分がどんどん流出していってしまう。

7. 入浴前に緑茶などカテキンを含む飲料を飲むと吸収が高まるので効果的である

〇. 入浴前に飲用すると血行促進作用により、吸収が高まる。

8. 入浴中にストレッチをすると体が温まっているので肌の調子が良くなる

〇. 温まると体が柔らかくなり、ストレッチしやすくなるので、血行促進作用が進み肌の新陳代謝も高まる。

9. 入浴中にスキンケアをすると発汗作用で流れてしまうので効果が期待できない

×. 湿気のある浴室で肌に水分がある方が、スキンケアの効果が高いと考えられる。

【編集部おすすめ記事】
世界初!自分で香りと効能を選べる体験型バスボム登場
浴槽浴は好き、でも面倒 女性がバスタイムに求めること
風呂上がりの保湿リミット判明
5人に1人が睡眠に不満足 国内初「快眠サイクルを整えるキャンプ」開催
「うるはし現代湯治」開始 星野リゾート

 

新着ニュース