身近にある物質に肥満を促進する成分 米国研究報告

米国シーダース・サイナイ理事会再生医療協会による実験で、人間にとって身近な食品や物に肥満を促進する成分があることがわかった。

今回指摘された3成分はいずれも身近に日常的に使われている・口に入れられている化学物質で、シリアルなどの加工食品、調理器具やカーペット、海産物に含まれているという。⇒肥満を促進する成分は身近に潜む?(リンク・デ・ダイエット)

【編集部おすすめ記事】
女性の8割が悩むのはどっち?「肥満」と「たるみ」
1000人が選んだダイエット&ヘルス大賞2017 小林製薬はやっぱり強かった!
健康食品を購入するときに「重視しないこと」TOP10
肥満治療に「胃内容排出デバイス」承認、カロリー30%除去
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート