美魔女コンテスト2017募集開始「痛い・怖い」の声も…定義を変えるべきでは?

美ST(光文社)は第8回の国民的美魔女コンテストの募集を開始した(締め切りは5月16日まで)。一世を風びした「美魔女」という言葉を、「35歳以上で年齢を感じさせない輝きを持っている女性」と同誌では定義している。当初は「〇歳でその美しさ!」という点に賞賛の声が集まったが、最近では「痛い」「怖い」という声も多い。

コンテストでは水着になる場面もあるが、40代、50代になっても「キレイな女性=水着(肌の露出)」になることはキレイの証明として必須なのか?「魔女」という言葉も女性たちに対して失礼な表現のようにも感じるが、「美魔女」は賛否両論分かれる部分なのだろう。

最近の女性たちのエイジングに対する考え方は以前とは大きく変わってきている。以下の記事もチェックしておこう。

<関連記事>
「アンチエイジング」嫌う女性たち 次の共通語は?

女性の共感・支持を得る、最近の世界的トレンドとは

【編集部おすすめ記事】
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート