【経産省】2017年より7/24をテレワーク・デイに 参加企業募集中 

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、経済産業省は、総務省、厚生労働省、国土交通省、内閣官房、内閣府、東京都、経済団体、企業等と連携し、「働き方改革」運動を展開する。

2017年より7月24日を「テレワーク・デイ」とし、企業・団体・官公庁職員がテレワークを一斉に実施するよう呼びかける。テレワークとは、ICTを活用し、時間や場所の制約を受けることなく、多くの生活者が柔軟に働ける形態(在宅勤務やサテライトオフィス勤務など)を指す。テレワークを働き方改革の切り札とすることで、2020年のレガシーの一つとして定着させることが狙い。

経済産業省は、テレワークを実施する企業・テレワークの実施を応援する企業・効果測定に協力できる企業を現在募集中。受付期間は4月18日(火)~7月21日(金) 。⇒募集要項「2020年に向けたテレワーク国民運動プロジェクトによるテレワーク・デイ参加企業を募集します」(経済産業省)

【編集部おすすめ記事】
優秀賞はネスレ 11月は女性の働き方の多様化を推進するテレワーク月間
初任給の使い道に関する調査結果の第1位は?健康・美容商品にチャンス!
【動画】ネットで賞賛の声多数!森下仁丹の「新卒採用」
【総務省】10~60代女性、何のメディアを何時頃に何時間使ってる?
無添加商品への関心は高いのに、7割の女性が「知らない」こととは?

女性生活者の調査レポート