美容室/理容室 利用実態調査2017上半期発表

ホットペッパービューティーアカデミーは「美容センサス2017年上期 美容室・理容室の利用に関する実態調査」を6月21日に発表した。

同社が同時に発表しているエステサロン編リラクゼーションサロン編と比較すると、同じ美容系店舗でも認知経路に違いがあることがわかる。エステサロン、リラクゼーションサロンの場合「予約・口コミサイト」と「友人・知人の口コミ・オススメを聞いて」が主たる認知経路であるのに対し、美容室・理容室の場合は「予約・口コミサイト」「友人・知人の口コミ・オススメを聞いて」「お店を見かけて」がほぼ同数であった。美容系店舗は客を取り込むのに口コミサイトは重要な役割を果たすが、美容室・理容室の場合は街中を歩く人たちにどのように「見せるか」も重要な要素と言えそうだ。

継続して通ってる理由・離脱した理由、自宅でのヘアケア実施状況なども合わせて掲載。⇒レポート「美容センサス2017年上期 美容室・理容室の利用に関する実態調査」(ホットペッパービューティーアカデミー)

【編集部おすすめ記事】
エステサロン利用実態調査2017上半期発表
リラクゼーションサロン利用実態調査2017上半期発表
【対談】ホットペッパービューティー×ウーマンズ。訪問美容開業における課題と対策方法
2カ月先まで予約できない!女性に大人気の美容室「モテ髪師」の差別化戦略
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート