社会保障と国民の生活がわかるデータが豊富(ヘルスケア関連白書更新)

政府公表の白書・年次報告書の更新情報。以下白書が最新版に更新。

平成29年の厚生労働白書のテーマ(第1部)は「社会保障と経済成長」。各種社会保障についてまとめられている。合わせて、国民の家計所得の動向、就業形態別賃金の動向、健康・医療・介護分野のICT化の取り組み、がんゲノム医療の実現、保健医療分野における人工知能の活用、介護ロボットの開発・普及促進など社会保障分野における技術進歩などについても掲載。

年次行政報告(第2部)では、厚生労働省が様々な政策課題(子育て、働き方、年金、医療・介護、健康、医療関連イノベーションなど)にどのように対応しているかについてわかりやすくまとめられている。

高齢化の状況、健康づくり・介護予防に関する国民の意識、就労に関する国民の意識に関しては平成28年版が、人口減少社会に関しては平成27年版が、健康に関する国民の意識や国・自治体・企業の取り組みに関しては平成26年版が参考になる。

【編集部おすすめ記事】
平成28年国民健康栄養調査 地域別ヘルスケア対策の重要性高まる
男女・年齢・都市規模・職業で異なる生活意識の違い〜世論調査結果〜
【経産省】ロボット技術の介護利用における重点分野を改訂
【厚労省】平成28年度の医療費 14年ぶり減少
日本の家族形態TOP5 ~夫婦・子供世帯数は減少へ 国勢調査~

新着ニュース