アーモンド入りチョコレート 女性に嬉しい2つの機能性示唆 明治

アーモンドチョコレートの継続摂取は、便通を改善し肌の水分を保持するようだ。そんな女性に嬉しい研究結果が、明治と應義塾大学医学部の共同研究で示唆された。

<合わせて読みたい記事>
機能性表示食品の市場規模から考える2018年の戦略と注目カテゴリー
トクホ vs 機能性表示食品 マーケティング上優勢なのはどちら?

研究では、直近2週間の排便回数が週2回以上4回以下かつ皮膚の乾燥に自覚がある25歳以上50歳未満の女性を被験者とし、カカオ分70%のアーモンド入りチョコレートを1日8粒、8週間継続摂取するグループと、アーモンド入りチョコレート非摂取のグループに分けて各種評価項目を比較した。

その結果、アーモンド入りチョコレート摂取群は、排便回数や便量が有意に増加し、胃腸状態の自覚症状も有意に改善した。肌質に関しても、肌状態の自覚症状が有意に改善し、乾燥肌の被験者を対象とした層別解析では、8週間後の角層水分量が有意に増加したとのこと。

これらの結果から、アーモンド入りチョコレートの継続摂取が便通を改善し、肌の水分を保持する効果を有することが示唆された。

【編集部おすすめ記事】
今さら聞けない…「機能性表示食品とは、つまり?」簡単に理解しよう
吉野家 外食チェーン初の機能性表示食品を発売
LG21さらに人気の予感 明治、機能性ディスペプシア症状の軽減効果を確認
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート