これから本格化?女性の「エナジードリンク離れ」

栄養ドリンク剤の市場縮小にかわりエナジードリンクが人気を集めているが、エナジードリンクの過剰摂取による死亡事故が近年国内外で相次いだことで懐疑的な意見も飛び交っている。この流れに追い討ちをかけるような研究がカナダウォータールー大学から報告された。

カナダの若者を対象とした全国調査で、エナジードリンクを摂取したことのある人の半数以上が、摂取後に頻脈、吐き気、まれに発作などの有害な健康事象を経験したことがあることがわかった。「これまで、ほとんどのリスク評価で、エナジードリンクの健康への影響を評価するための基準としてコーヒーが使用されてきたが、エナジードリンクの健康リスクがコーヒーよりも高いことは明らかである」とし、エナジードリンクが子供や若者の健康におよぼす影響を監視する必要性があるとことを示唆している、と研究者は述べている。

飲食物の「安心・安全」に対して男性よりもジャッジが厳しい女性は特に、エナジードリンクの安全性に疑問を抱いている人も多く、質問サイトや掲示板には「元気は出るけど、中毒になりたくない」「健康に悪そう」「元気が出る天然のエナジードリンクや栄養ドリンクを知りたい」など、アンチ・エナジードリンクの意見が多数見られる。

働き方改革による長時間労働の是正や健康志向の高まりで、「仕事中に無理やり体を目覚めさせる」という考えを持つ人は減っている。それよりも十分な睡眠で疲労を回復し、甘酒や酢ドリンクといった天然の飲み物で健康や栄養バランス維持に努める女性が増えている。各社が女性向けにエナジードリンクを販売しているが、安心・安全性が明確でないものは女性たち(特に子どものいる女性)からは遠ざけられそうだ。毎日をハツラツと過ごしたい女性たちのニーズは、「1本飲んで今だけ元気になりたい」ではなく、「美容にも健康にも良いことをして“いつも”元気でいたい」だ。⇒【詳細】エナジードリンクは若者の健康に悪影響をおよぼすかもしれない(LINK de DIET)

【編集部おすすめ記事】
低価格志向でも、価格高めのオーガニック市場は拡大中
「食の3重丸」主婦の食選び新基準へ
高まる漢方ニーズ 女性が思う「漢方薬のイメージ」とは?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ