ダイエット経験と不健康行動の興味深い関係 カナダ研究

10代女性のダイエットの経験と、喫煙・過剰飲酒・朝食欠食などの不健康行動には関連性があるようだ。カナダ・ウォータールー大学からの研究報告。

この研究によると、ダイエット経験のある女子は、ダイエット経験のない女子と比べると、その3年後に健康リスクのある行動をとっている確率が高いという。

これはカナダ国内の調査結果のため、そのまま日本国内の10代女性に当てはめることはできないが、ダイエットをしている女性は食事を抜いたり必要摂取カロリーを抑えることで栄養バランスが崩れがちであることを考えると、頷ける研究結果だ。だが、喫煙や過剰飲酒の行動割合までもが高くなるのは興味深い。ダイエットそのものや、理想的な体重・体型になれないストレスが関係しているのかもしれない。⇒【詳細】ダイエットする10代女子と不健康な行動(LINK de DIET)

【編集部おすすめ記事】

進む睡眠時間のヘルスケア活用 貼るだけでダイエット
20~30代女性 ダイエットの目的は「痩せる」以外にもある
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事