子どもの健康力は母親次第 子どもの肥満と母親のライフスタイルの関係

母親が健康的なライフスタイルを送っていると、小児期から青年期の子供の肥満リスクは低減するようだ。ハーバード T.H. チャン・スクール・オブ・パブリック・ヘルスなどの研究による報告。

母親が食事に気をつかっていれば、子どもも必然的に健康的な食事を摂るし、母親に運動習慣があれば子どもにもスポーツをさせる可能性は十分にあることを考えれば、この研究報告は納得の内容だが、これまで母親の健康的なライフスタイルパターンと子どもの小児期・青年期の肥満発症の関連については調査されていなかった。本研究では、母親の以下の健康行動と子どもの肥満発症リスクについて調査したという。

  • 健康的なBMI
  • 食事の質が高い
  • 定期的な運動
  • 喫煙習慣なし
  • 軽度から中程度のアルコール摂取

一般的に女性(母親)は男性(父親)よりもヘルスケア意識が高いが、女性と一口に言っても、健康行動習慣の数・有無・頻度は人それぞれ。子どもの健康力は母親次第と言える部分は大きい。子どもの肥満を防止するには、母親のライフスタイルを変えるのが先決かもしれない。⇒【詳細】母親が健康的なライフスタイルだと、子供は肥満になりにくい!?(LINK de DIET)

【編集部おすすめ記事】
子どもにサプリメントは必要?国立健康・栄養研究所による啓発
子供から見た 「健康なお母さん・健康なお父さん」像
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ