全国初「認知症施策推進条例」啓発イベント 愛知県

昨年12月に「認知症施策推進条例」を全国で初めて制定したとして話題になった愛知県は、県民に向け条例の周知と認知症の啓発を目的とした啓発イベントを今月21日(木)に開催する。

「愛知県認知症施策推進条例」は、認知症の人やその家族が安心して暮らせる地域社会の実現を図るために制定したもので、その中で、県、市町村、県民、関係機関、事業者の各役割を定め、認知症施策の総合的な推進を図ることを明示している。基本的な施策は、医療従事者・介護従事者の養成、認知症の専門医療機関の機能充実、地域による見守り体制の整備、認知症の人やその家族に対する相談体制の整備、災害時の認知症安全確保、認知症研究の促進など。条例の詳細は「愛知県認知症施策推進条例(愛知県)」からチェック。

 

【編集部おすすめ記事】
アルツハイマー病の終焉、世界中で話題に 最新認知症治療法「リコード法」
認知症介護の不安払拭に VR疑似体験
「歩けば健康!」とは言えない? 歩行速度と認知症の関係 英研究
認知症高齢者数の推計 2060年には3人に1人
飲酒習慣の割合高い中高年は要注意 重度飲酒が認知症リスクに