「健康経営銘柄 2018」発表 

経産省と東証は今月20日、従業員の健康管理への取り組みが優れている企業を選定する「健康経営銘柄2018」を発表した。今回で4回目となる今年は26業種26社が選定された。そのうち4年連続で選定されたのは6社で花王、テルモ、TOTO、大和証券グループ本社、東京急行電鉄、SCSK。


【編集部おすすめ記事】

「健康経営銘柄」と「健康経営優良法人」の違い
働きがいのある企業ランキング2018
「女性管理職が多い会社50社ランキング」から考える日本企業の現実
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース