進化するヘアドライヤー 風を当ててフェイスラインもケアできちゃう

高齢化や働く女性の増加による髪悩みが増えたことなどから、髪のエイジングケアニーズが高まっている。頭皮ケア、育毛、毎日のシャンプー、ヘアケアオイルなど、ヘアケア市場は好調だ。

<関連記事>
2016年化粧品市場規模2兆円 ヘアケア市場は101.7%の4,324億円

ヘアドライヤーは「髪を乾かす」だけから、「ドライヤー以上の機能を持つアイテム」へと進化している。

美容機器としても使えるドライヤー

顔に直接冷風をあてると、素肌のキメが整う・潤いが増し、フェイスアップする、というドライヤー。髪だけではなく肌にも使える。

<商品情報>
リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム 2 ¥22,500(税抜)

頭皮までもみずみずしい美しさに

速く髪を乾かすためには、ドライヤーの風量を強くせざるを得ない。しかし風量を強めると、髪は乾燥しすぎて傷んでしまう。こちらのドライヤー、乾燥速度が速くなったにも関わらず、使うほどに潤ってつややかな髪質へと導く。冷風により頭皮もケアができる。

<商品情報>
REPRONIZER 3D PLUS ¥38,000(税抜き)

ユニークなヴィジュアル 贈り物としても最適

ダイソンのヘアドライヤーは、高機能なだけではなくユニークなヴィジュアルと優れたデザインが特徴的。贈り物として最適なレザーボックスもかわいい。

<商品情報>
ダイソン スーパーソニック ¥59,400(税抜)

日経トレンディ「ドライヤー、一番人気は2万円の「ナノケア」高級機ジョーシンに聞く」によると、ある店頭ではドライヤーの売れ筋ランキング1位はパナソニックのナノケア EH-CNA98で¥18,800の商品だという。優れた商品は高価格帯でも人気のようだ。

<編集部おすすめ記事>
キャッチコピーが女子心くすぐる!花王の新ヘアカラー
アロマ市場規模拡大するも、商機が見込めないアロマ分野は?
ヘアブラシもIoT ロレアルパリの「髪質スコア化」
2016年化粧品市場規模2兆円から考える、女性の心を掴む戦略
2017年後半 スーパーフードのトレンド予測発表

新着ニュース