女性クラスター
女性市場トレンドと消費傾向

急上昇キーワード「睡眠負債」

今年5月~6月にかけて注目急上昇キーワードになっているのが「睡眠負債」。テレビ番組やwebメディア、雑誌などで多数取り上げられており、生活者の注目度が高まっている。睡眠負債とは日々の睡眠不足が借金のように積み重なっていく状態のこと。心身に悪影響を及ぼし、命にかかわる病気のリスクを高める。

総務省の調査によると都道府県別の睡眠時間ランキングで最も睡眠時間が長かったのは秋田県の「8:02」、最も短かったのは神奈川県の「7:31」。男女別で見ると男性は「6:24」、女性は「6:18」といずれも6時間台となっており(国民健康・栄養調査)、理想とされる睡眠時間7時間に達していない。

<関連記事>
【総務省】睡眠時間ランキング 47都道府県別

NHKスぺシャルは6月18日(日)に「睡眠負債が危ない~ちょっと寝不足が命を縮める~(NHK)」を放送、同番組内で「睡眠負債リスクチェック(NHK)」を掲載している。今、快眠ニーズは高まっており、「寝具」「機能性表示食品・サプリメント」「睡眠計測器」「照明」「宿泊プラン」など各社からは快眠ニーズに応えるための様々な商品やサービスが登場している。

【編集部おすすめ記事】
【総務省】睡眠時間ランキング 47都道府県別
【経産省】睡眠アドバイスは薬機法に抵触する?グレーゾーン解消制度
7割のビジネスパーソンが望む「シエスタ」に商機あり
睡眠障害は脳卒中のリスクを高める?独の病院報告
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート