an・an発表!2017年を象徴する「カラダにいいもの」入賞商品と「17のウェルネスキーワード」

20代〜30代女性の働く女性を中心に読まれているウィークリーマガジンan・an(マガジンハウス)が毎年発表する「カラダにいいもの大賞」。今年は「女子の疲労」にテーマが絞られ、疲労感を解消できるアイテムとしてグランプリ( 1商品)、準グランリ(2商品)、他ファイナリストに13商品が選定された。

他、オフィスで座りながら疲れをためない運動器具、自宅で簡単に使えるトレーニング機器や美容機器、ヘルスケア家電、美容家電、調理家電、健美系おやつ、サプリ、女性に愛用されているロングセラー商品など、働く女性が毎日の生活の中で簡単に取り入れられる物が勢ぞろい。「疲労回復」は、ビジネスパーソンの間で最近特に注目度の高いキーワードだ。来年はさらに疲労回復商品・サービスや睡眠関連消費が活発化しそうだ。

<合わせて読みたい記事>
【セルフメディケーション vol.2】仕事の疲労蓄積度合い

各商品の詳細はan・an 11月22日号(pp.16〜23)に掲載。合わせて今話題のウェルネスキーワード17もチェックできる。20〜30代の働く女性をターゲットにしている企業はチェックしておこう。


anan (アンアン)2017/11/22[カラダにいいもの大賞/おそ松さん]

【編集部おすすめ記事】
女性の疲れ度合い 増すのは何曜日?消費者への提案は曜日を考慮したい
2017年後半 スーパーフードのトレンド予測発表
睡眠負債・脳疲労は現代人の心掴むキーワード 書籍・CD続々登場
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事