注目のハイドロ銀チタン商品、続々登場

今年の花粉症対策市場は、今大注目の「ハイドロ銀チタン®」を搭載した商品が活況となりそうだ。

花粉を水に変える  ハイドロ銀チタン®

ハイドロ銀チタン®とは、花粉やハウスダスト、カビなどのタンパク質や、汗、ニオイ、不衛生タンパク質を分解して水に変えるという、DR.C医薬の画期的なクリーン技術。ハイドロ銀チタン®加工を施したタオルやマスク、洋服なら、花粉が気になる時期に外干しをすることもできるし、帰宅時に自宅の中に花粉まで連れてくるストレスもない。ニオイの原因になる不衛生タンパク質も分解するので、ニオイがつかず清潔な状態をキープできるのも嬉しい。

この技術を搭載した商品が今次々に登場している。マスク(DR.C医薬)、スポーツ用品(ミズノ)、ワイシャツ(はるやま商事)、タオルやハンカチ(フランフラン、サザビーリーグ)などだ。

花粉症対策市場に新カテゴリー?

一般的に花粉症対策としてよく取り入れられているのは、マスク・メガネの着用、処方薬・市販薬の使用、衣類の花粉を落とす、洗濯物/布団を外に干さない、花粉症対策食材の摂取、空気清浄機の使用(参考:「『みんなの花粉症対策』市場調査」インテージ,2017年)などだが、これからは、ここに「ハイドロ銀チタン商品」が挙げられるようになるはず。自分や一緒に住む家族のために購入するのはもちろん、ギフトとしても喜ばれそうだ。

次の動画は市川海老蔵さんを起用した「花粉を水に変えるマスク(DR.C医薬)」の新CM。

【編集部おすすめ記事】
花粉症患者の増加で高まる需要 空気清浄機2017トレンド
春に感じる女性の不調ランキング10と悩み解消法
「どうにかしたい一時的敏感肌…でもケアしていない」女性たちに必要なのは?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事