運営会社

運営会社

いつも弊メディア『ウーマンズラボ』をご覧いただき、誠にありがとうございます。ウーマンズは、女性ヘルスケア市場専門のシンクタンクとして、性差に基づいた女性特有のヘルスケア行動・消費・ニーズと、産学官動向の調査分析を基礎業務としている会社です。女性ヘルスケア市場に特化して企業支援を行ってきた豊富な実績と、15年にわたり継続的に行っている調査研究・分析により蓄積した知見・ノウハウを活かして、女性ヘルスケア事業を行う産学官の共通課題である「どうすれば、もっと製品・サービスを広く社会に流通できるか?」のソリューションをご提供しております。幅広い企業、外部組織、キーパーソン、有識者とのネットワークや、業界への情報発信力も私たちの強みです。弊メディアを貴社ビジネスのお供として、末長くお役立ていただけますと幸いです。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!

最新の活動

ウーマンズ概要

■ミッション

女性ヘルスケア事業の成長・変革を推進するマーケット情報を収集・分析・整理し、最新知見を提供する

■3つの強み

女性ヘルスケア市場専門のシンクタンクとして、以下3つを強みとしています。
・女性ヘルスケア領域に特化した業界動向/生活者動向分析
・女性ヘルスケア業界への情報発信力
・女性ヘルスケア業界の産学官ネットワーク

■事業内容

女性ヘルスケア市場専門のシンクタンクとして、女性ヘルスケア事業の成長・変革を推進するマーケット情報を収集・分析・整理し、最新知見を提供しています。女性ヘルスケア市場に特化して企業支援を行ってきた「豊富な実績」「15年にわたり継続的に行っている調査分析により蓄積した知見やノウハウ」「業界ネットワーク」を活かし、女性ヘルスケア事業を行う産学官の「どうすれば製品・サービスを広く社会に流通させられるか?」の課題解決に取り組んでおります。

 

仕事実績例

■MICE事業の実績

  • 蔦屋書店×ウーマンズ(2021.12/オンライン開催)
  • 健康博覧会×ウーマンズ(2022.2/東京ビッグサイト開催)
  • 大丸松坂屋百貨店 大丸梅田店×ウーマンズ(2022.5/大丸梅田店開催)
  • イオンモール×ウーマンズ(2022.6~8/イオンモール内「バイアス」開催)
  • 矢野経済研究所×ウーマンズ(2022.9/ハイブリッド開催)
  • 朝日新聞社×ウーマンズ(2022.9/東京ビッグサイト開催)
  • 健康博覧会×ウーマンズ(2023.2/東京ビッグサイト開催)
  • 健康博覧会×ウーマンズ(2024.2/東京ビッグサイト開催)
    ※イベント実績集はこちら

■企業向け研修事業の実績

  • 女性生活者の行動変容を促すヘルスコミュニケーションを学ぶ(登壇/社会福祉士)
  • 小学館編集長が伝える 女性の心を掴む、商品の魅力の伝え方(登壇/「美的.com」編集)
  • 60~100歳の高齢女性マーケティング お金×健康×人間関係のリアル(登壇/「老後の年表」著者)
  • フェムテックの現実 5社が本音で語る!マーケの課題と解決策(登壇/ライオン,大丸松坂屋百貨店,大広,ファミワン,薬剤師)
    など

■レポート発行実績例

女性ヘルスケア専門のシンクタンク「ウーマンズ」では、さまざまなテーマに焦点を当てた分析レポートを発行しています(分析レポート一覧)。日々の業務にぜひお役立てください。

女性ヘルスケア白書2024 市場動向予測レポート

講演登壇実績例

女性ヘルスケアをテーマに各地で開催される、業界団体主催イベント、展示会、自治体主催イベントなどで講演させて頂いています。各回多くの業界の方々にご参加頂いております、リピート参加が多いのが特徴です。最新の講演・セミナー情報はこちらに掲載。

運営SNS

私たちが、女性ヘルスケア領域の事業に取り組む理由

今、ヘルスケア市場は再生医療、遺伝子解析、オンライン診療、フェムテックなど著しく進展しています。一方で女性個々に目を向けると、ヘルスケア製品・サービス・情報が適時適切に届いていないのが現状です。乳がんによる両乳房切除、SRHRに関する知識不足に起因した望まない妊娠・人工妊娠中絶、性感染症罹患による不妊、産後・更年期・老年期のうつ病、社会的ルッキズムを背景にした摂食障害、仕事のストレスによるPMS・PMDD悪化、介護と仕事の両立問題、健康問題を理由にした自殺、ロコモによる老齢期のQOL低下など、防げたはずの疾患で命を落としたり、生涯に渡り不調・持病・後遺症に苦しむ女性が後を絶ちません。ヘルスケア製品・サービスが市場に溢れ、女性たちのヘルスケアの選択肢は以前よりも格段に増えたのになぜなのか?

その理由の一つとして、多様化・複雑化・高度化が急速に進む女性ヘルスケア市場を捉えることが難しいVUCA時代に突入したことが関係していると感じています。資金や人材、知見など豊富なリソースがある大企業であってもこの課題を抱え、実際にこれまでさまざまな企業様から支援依頼を頂いてきました。いずれの企業様も、非常にクオリティの高い製品・サービスばかりです。仮に市場に出回っている全てのヘルスケア製品・サービス・情報が、それを必要とするすべての女性に確実に届く状況を確立できたら、生活者の発病リスクや重症化、QOL低下は、現状よりはるかに抑えることができるはずーーー。そのような考えのもと、私たちはヘルスケア事業を行う産学官のマーケティングのお手伝いをさせて頂いております。私たちがご提供させて頂いている専門情報やサービスにより「これまで以上に自社製品・サービスが広く、社会に流通するようになった」と実感していただきたいーー。「産学官のヘルスケアソリューションが、広く流通する社会の実現」をビジョンに掲げ、皆様とともにヘルスケア領域の課題解決に取り組んでまいります。

 

お問合せ

女性向けのヘルスケア事業でお困りのことがございましたら、支援実績豊富な弊社へ、まずはお気軽にご相談・お問合せください!2営業日以内にご返信させていただきます。

 

(最終更新 2024年4月)

 

 

PAGE TOP
×