“コロナ疲れ” の反動でニーズ急上昇、女性が自宅で始めたこと

“コロナ疲れ” “コロナ鬱”が広がっている。デマも流れ何が正しい情報か分からない。外出を控えなければいけない。慣れない在宅ワークをしながら家にこもる時間が長くなる。トイレットペーパーなど生活必需品が品薄になるなど、いつまで続くか分からないこの混乱した状況に、いよいよ生活者たちの疲弊が蓄積し始め、ネット上には次のような投稿が。

自宅にこもる時間が長い中、一日中、テレビに仕事に家事・育児にー。これだけでは心身疲れ切ってしまうもの…。そんなコロナ鬱、コロナ疲れ対策として女性の間で今高まってきたニーズが「おこもり美容」や「セルフメンテナンス(セルフケア)」など、自宅でできるヘルスケア。

ネット上の関心度を見ると「おこもり美容」が急激に高くなっていることが分かる(右端は3月8月時点)。

おこもり美容

Googleトレンド「おこもり美容」

当サイト「ウーマンズラボ」はビジネスパーソン向けのバーティカルメディアではあるが、記事「女性たちのセルフメンテナンス 心と身体編」は3月8日時点でのアクセス数は通常時の2倍にまで上がっている。

新型コロナウイルスが落ち着くまでの間は、「おこもり美容」や「セルフメンテナンス」ニーズがこれまで以上に高まる見込み。女性顧客へ「おこもり美容」「セルフメンテナンス」など、自宅で取り組めるセルフヘルスケアを自社商品と絡めて提案してみては?

コロナ

 

【編集部おすすめ記事】
女性のストレス解消法ランキング
女性の美容悩み 年代別まとめ(20〜80代)
女性たちのセルフメンテナンス 心と身体編
年代別の肌悩み(10~50代女性) アンケート調査結果
女性の健康の悩みランキングTOP10
女性たちの ” 美容悩み解決消費 ” その金額とその行方

女性生活者の調査レポート