各社PBは「低価格」よりも「品質重視」の傾向に

イオングループの「トップバリュ」、セブン&アイグループの「セブンプレミアム」など、低価格なのにNB(ナショナルブランド)と同等の機能を持つPB(プライベートブランド)は多くの消費者にとって「安いのに品質がいい!」と人気だ。そんなPBは各社「価格よりも品質重視」への移行を始めている。PB商品の開発方針について企業の回答は以下(日経MJ第44回専門店調査2015年度調べ)

  • 新しい機能を付加する(44.0%)
  • 品質を上げる予定(59.7%)

昨今の消費者の「安全・健康志向」を反映させたPB商品が増えていきそうだ。「安さ」「機能はNBと同等」に加え更に「安全・健康の付加価値」がPBの特徴として定番化されていくだろう。

関連記事
■インバウンド消費減速、モノ消費からコト消費へのシフトが必要
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事