好きな果物ランキング

1人当たりの果物の消費量、かつてはみかんが圧倒的第1位だったが、2000年前後を境にバナナが第1位となった。みかんの消費量が減る一方で、バナナの消費量は着実に増えている。その理由とは?参考:日本バナナ輸入組合調べ「第12回  バナナ・果物消費動向調査」2016

よく食べる果物ランキング 第1位はバナナ

  • 1位 バナナ(64.0%)
  • 2位 りんご(50.5%)
  • 3位 みかん(33.1%)
  • 4位 キウイフルーツ(21.1%)
  • 5位 いちご(19.5%)

バナナが人気の理由を聞いたところ、半数以上が「手頃な値段だから」。1房(3~5本)で100~300円で購入出来るバナナは、1個で150〜200円のりんごや、1袋(5~8個)で500円前後するみかんと比べるとコスパは良い。その他多かった回答が、「健康に良いから」「美味しいから」。

バナナを食べる頻度

好きな果物ランキング

出典:日本バナナ輸入組合

バナナの効果・効能=人気の理由?

好きな果物ランキング

出典:日本バナナ輸入組合

トップ3に入っているこれらの効果・効能は、バナナが人気の理由とも言えそうだ。皮を手で剥くだけで食べられる手軽さから、朝食や運動前の栄養補給、おやつとして持ち歩いて食べる人も多い。

バナナの食べ方トップ3

好きな果物ランキング

出典:日本バナナ輸入組合

そのまま食べる人が圧倒的に多いが、今や日常食となったヨーグルトと一緒に食べる人も多い。特に女性にとっては、ヨーグルトやスムージーとの相性が良いことも、バナナを購入する理由となっているだろう。

好きな果物ランキング(1万人調査)

前述の「よく食べる果物」に対し、こちらの調査結果は「好きな果物ランキング」。マイボイスコムが実施した調査によると、「好きな果物」ランキングは以下(調査対象:10~50代以上の男女11,275人)

果物の摂取方法と頻度

  • 生鮮果物をそのまま食べるは91.8%
  • 他、「生鮮果物を何かにのせる・まぜるなどして食べる」「市販の果汁飲料・ジュース・スムージー等」「市販のフルーツヨーグルト」は各2割台
  • 果物の摂取頻度は「週2~3回」がボリュームゾーン
  • 毎日果物を食べる人は3割弱

果物を食べる場面

  • 「夕食後」「間食、おやつ」「朝食のメニューとして」が4割前後
  • 「間食、おやつ」として食べるのは、女性10~30代で5~6割
  • 果物を毎日摂る層では「朝食のメニューとして」、果物摂取頻度が月2~3回以下の層は「間食、おやつ」が最も多い

果物購入時の重視点

  • 果物購入時の重視点は「価格」で60.7%
  • 他、「産地」「鮮度」「国内産・外国産」「季節感・旬のもの」「品種、ブランド」を重視するのは3~4割
  • 「鮮度」「季節感・旬のもの」を重視するのはは、女性が男性を19~20ポイント上回る

果物が好きな理由

  • バナナを朝食でそのまま食べる。朝は忙しいので手軽なのと、お腹にたまりやすいから。(女性29歳)
  • 柑橘類、イチゴ、プラムなど。最近は、糖度にばかりこだわっていて酸っぱさも伴っているものが減ってきているので、それが困ります。なので、酸っぱさも伴っていそうな果物が好きです。(女性33歳)
  • スイカをよく冷やして!夏を実感します。(女性63歳)
    (引用:マイボイスコム)

 

#好きな果物ランキング(SNS投稿)

Instagramには「#好きな果物」「#好きな果物ランキング」の投稿多数。イチゴ、桃、マスカット、さんくらんぼなど「カワイイ見た目」の果物がInstagramでは人気の模様。

 

View this post on Instagram

 

. 🍑🍑 この歳で、好きな果物ランキングに変動がありました。 . . . 穏やかな日々が早く戻りますように。 . . #myroom #🍑

YURIEさん(@gg_yurie)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

いちご狩り💓 美味しかった💕 #いちご狩り #イチゴワールド #亘理#恋する季節 #真っ赤ないちご #初めて体験 #可愛い#好きな果物

SUZUAYAさん(@suzu.aya.06)がシェアした投稿 –

 

 

【編集部おすすめ記事】
■コンビニ各社のグリーンスムージーが人気。時短ニーズにマッチ
■女性が好きな野菜 人気ランキングTOP10
■心わし掴みにされる女性続出!評価・好感度が高すぎるゼスプリの動画
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース