日本と世界の果物消費量ランキング 性別・世代別の違いにも注目(1/3)

健康にも美容にもいいとされる果物。しかし最近では食生活の変化とともに「食べやすさ」「手軽さ」がより重視され、国内での消費は減少傾向にある。特に性別や世代間における消費量や消費意識には違いもあり、果物離れの理由は性別や年齢によって異なる。野菜との比較や世界の消費量との比較を通して、いま国内で起こっている果物消費の変化とは?

果物消費量ランキング 〜日本〜

日本人の果物消費量ランキング

国内の果物消費量については2018年の家計調査(総務省)で、1世帯あたりの年間の果物消費量から知ることができる。バナナが圧倒的に多い理由として「旬を問わず買うことができる」「安い」「手軽に食べられる」などが考えられる。

都道府県庁所在市・政令指定都市別の果物消費量

果物消費量の地域差は大きく、1位の福島市と最下位の那覇市で約4,000gの差が出ている。以下は、1世帯当たりの年間購入数量の統計データをもとにした、2016~2018年平均の都道府県庁所在市及び政令指定都市別の果物消費量ランキング。

  • 1位:  福島市 (92,668g)
  • 2位:  千葉市(91,539g)
  • 3位:  高松市 (87,879g)
  • 4位:  盛岡市 (86,354g)
  • 5位:  長崎市 (84,638g)
  • 6位:  奈良市 (84,224g)
  • 7位:  新潟市 (81,557g)
  • 8位:  横浜市 (80,664g)
  • 9位:  宇都宮市(80,578g)
  • 10位: 和歌山市(80,529g)
  • 11位: 長野市(80,417g)
  • 12位: 秋田市(80,407g)
  • 13位: 松山市(79,977g)
  • 14位: 名古屋市(78,867g)
  • 15位: 岡山市(78,447g)
  • 16位: 広島市(78,261g)
  • 17位: 青森市(77,854g)
  • 18位: 山形市(77,812g)
  • 19位: 水戸市(77,767g)
  • 20位: 鳥取市(77,606g)
  • 21位: 富山市(77,134g)
  • 22位: 松江市(76,867g)
  • 23位: 高知市(76,785g)
  • 24位: 浜松市(76,554g)
  • 25位: さいたま市(76,342g)
  • 26位: 前橋市(76,207g)
  • 27位: 仙台市(75,903g)
  • 28位: 大分市(75,582g)
  • 29位: 東京都区部(75,098g)
  • 30位: 堺市(74,995g)
  • 31位: 大津市(74,636g)
  • 32位: 相模原市(74,552g)
  • 33位: 甲府市(74,518g)
  • 34位: 津市(74,218g)
  • 35位: 鹿児島市(72,488g)
  • 36位: 佐賀市(72,150g)
  • 37位: 北九州市(71,315g)
  • 38位: 山口市(70,687g)
  • 39位: 川崎市(70,336g)
  • 40位: 京都市(69,648g)
  • 41位: 岐阜市(68,102g)
  • 42位: 金沢市(67,892g)
  • 43位: 福岡市 (66,829g)
  • 44位: 福井市(66,673g)
  • 45位: 徳島市 (65,743g)
  • 46位: 札幌市 (65,653g)
  • 47位: 静岡市(65,532g)
  • 48位: 大阪市(64,976g)
  • 49位: 神戸市 (64,439g)
  • 50位: 宮崎市 (64,437g)
  • 51位: 熊本市 (63,110g)
  • 52位: 那覇市 (51,491g)
    ※参考:総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(2016年(平成28年)~2018年(平成30年)平均)」

新着ニュース