貼るUVケアで紫外線カット!医療用UVカットテープを一般発売

共和(大阪・大阪市)は医療現場で使われているUVカットテープ「エアウォールUV」を一般向けに販売開始した。

エアウォールUVは「塗る」ではなく「貼る」UVケアでUVカット率は平均約97%。傷跡の黒ずみを防ぎたい人向けだ。ふさがった後の傷あとを紫外線からしっかりとガードしてくれる。この商品の特徴は「塗る」ではなく「貼る」点で、持続性が高く、貼っている間はUVカットの効果を保てるという。ニキビ跡にも良い。顔だけではなく、特に何かとケガが多かったり、虫さされによるかき傷が残りやすい脚での利用ニーズが高そうだ

【編集部おすすめ記事】
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ