人口増の11市町村は「子供の医療費軽減」に積極的

総務省は都市部以外で日本人の人口が増えた11市町村の具体的な取り組みを紹介した。人口増となった11市町村は以下(2013~2015年末までの人口増)

  • 静岡県長泉町 748人
  • 山形県東根市 309人
  • 三重県玉城町 194人
  • 沖縄県竹富町 181人
  • 和歌山県日高町 116人
  • 石川県能美市 107人
  • 石川県能美市 107人
  • 福井県鯖江市98人
  • 鹿児島県十島村66人
  • 宮崎県木城町 64人
  • 沖縄県北大東村 46人
  • 新潟県粟島浦村 29人

総務省によるとこれら市町村は子育て支援、特に子供の医療費軽減に積極的だという。

静岡県長泉町

子供の医療費助成など福祉施策を充実

石川県能美市・和歌山県日高町

18歳までの医療費を無料化

山形県東根市

15歳まで医療費無料

宮崎県木城町

小学校入学まで医療費無料

沖縄県竹富町

医療費助成の所得制限をなくし、子供が島外の医療機関に通う際乗船料金を補助

三重県玉城町

高齢者向けの移動支援として、事前に伝えた時間と場所にバスが向かい、目的地まで運んでくれるサービスなどがある

画像引用元:総務省

画像:総務省

住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数の詳細は総務省HPで確認できる。

関連記事
■小学生の5人に1人が便秘。子供の便秘解消の取り組み実施
■子供のときから健康管理が当たり前?小中高に健康手帳配布
■【2015年】47都道府県の健康寿命ランキング。前回1位を抜かしたのは?

一緒に読まれている記事