【開催報告】これから売れるフェムテックに必要な条件 〜性差医療・女性ヘルスケアマーケティング・小売、各業界の視点から〜

フェムテックが一大ブームとなり多くのヘルスケア企業や周辺企業が参入を試みているが、生まれたばかりの市場であるため未だ手探り状態が続いている。フェムテックの捉え方・知識・事業領域の偏りや、企業側のヘルスリテラシーやヘルスケアマーケティングのリテラシーなど、業界側の課題が2021年は浮き彫りとなった。医療的・健康的価値の高い”売れる”プロダクトを企画・開発し、そして女性たちに届けるにはどんな視点が必要なのか?フェムテックの基本概念である「性差」を基点に、「これから売れるフェムテックに必要な条件」について、医療・女性ヘルスケアマーケティング・小売、各業界の視点から探り業界に向け指針を示す。

タイトル これから売れるフェムテックに必要な条件
〜性差医療・女性ヘルスケアマーケティング・小売、各業界の視点から〜
日時 2022年2月9日(水)13:00~14:20
参加費 無料
登壇 ・片井みゆき氏(医師、医学博士/政策研究大学院大学教授/日本性差医学・医療学会理事)
・桑原 麻友子氏(三越伊勢丹 化粧品営業部計画担当部長)
・阿部 エリナ(ウーマンズ 代表取締役)
場所 東京ビッグサイト 4階 南4ホールC会場
お申込み こちらから
※上記リンク先の「C-23」です

 

開催報告

満席・定員越えとなりました。ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました!

 

 

PAGE TOP
×