【イベント開催】働く女性の健康経営を考える「へるしー女子」

読者の皆様含め私たちヘルスケア関連企業は、女性消費者のヘルスケアも大事、会社の仕事も大事、でも一番大事なのは「自分自身のヘルスケア」、と私たちウーマンズラボ編集部は考えています。しかし、仕事とヘルスケアの両立はなかなか難しいものです。そこで「もっと健康的に働くためには?仕事とヘルスケアの両立とは?他社で働く女性たちはどのようにして忙しい日々の中でヘルスケアを実践しているのか?」などについて“ゆるく”ディスカッションする「へるしー女子」を開催することにいたしました。

女性限定で “ゆるく、小規模” にスタートいたしますので、仕事とヘルスケアの両立や女性の健康経営にご興味ある方はぜひお気軽に、ゆるくご参加くださいませ(定員:~10名)。

タイトル

働く女性の健康経営を考える「へるしー女子」
~仕事とヘルスケアの両立を。もっと健康的に働きたい女性のコミュニティ~

開催背景

「生理痛が強すぎて嘔気がする」「冷房による手足の冷えと頭痛がひどい」「更年期症状がつらい」「仕事と妊活の両立がしたいけどできない」「PMSが長く・重くて体調の良い日は月に数日しかない」など、多くの女性ワーカーが女性特有の何らかの健康上の悩みや不安を抱えながら日々働いている現状があります。

見えにくい症状であったり理解されづらい職場環境にいるために、その辛さを口にできないまま無理をして心身の負担がかさみ、離職や生産性ダウンにつながり、女性ワーカーと企業の両方にとってマイナスです。このような状況を微力なら改善できればと、働く女性の健康経営を考える「へるしー女子」を開催することにいたしました。

女性ワーカー自らがヘルスケアの悩みを共有し、声を社会に発信し、ヘルスケアワーク体験を通してケアメソッドを学ぶ女性の集まる会=へるしー女子は、「働く×健康」のための情報共有、セルフケアスキルの習得と環境面の向上を目指します。

へるしー女子「働く女性の健康経営」を考える

 

2018年11月29日(木)に下記概要で開催いたします。ヘルスケア現状の情報共有や「仕事とヘルスケアの悩み」ディスカッションの他、脳の疲れをリフレッシュし発想力・想像力を育む「おとなのラクガキドローイング」を体験します。身体に優しく美味しい食事やお好きな飲み物を囲みながら、ゆるく楽しくつながれるコミュニティです。

開催概要

  • 【内容】
    (1)へるしー女子とは
    (2)自己紹介
    (3)ヘルスケア現状
    (4)「仕事とヘルスケアの悩み」についてのディスカッション
    -体験した仕事とヘルスケア問題
    -ヘルスケアに関する職場の嬉しいサポート、不足していると感じるサポート
    -仕事と健康の両立のために、どんなヘルスケアを今行ってる?
    -健康経営、働く女性活躍について実際のところどう思う?
    -もっと理解してほしいこと、こんな支援が欲しいなど企業に伝えよう!
    (5)へるしー女子レッスン(ヘルスケア体験)
  • 【場所】
    REISM STAND
    東京都渋谷区鶯谷町6-6 グリーンハイツ鶯谷
  • 【日時】
    2018年11月29日(木) 18:45受付開始、19:00スタート~21:00終了予定
  • 【定員】
    ~10名
  • 【参加費】
    フリードリンク・身体に優しい食事コース付き2000円 (お申込み時にお支払方法をお伝えいたします)
  • 【ヘルスケア体験内容】
    「お疲れ脳」をリフレッシュ!発想力・想像力を育む「おとなのラクガキドローイング」
    クリエイティブでユニークな発想は、大人になるとせわしない毎日の中で遠ざかっていってしまうもの。また、ロジカルな仕事や情報過多により、脳は左脳中心に日々「お疲れ脳」になっています。そんな「お疲れ脳」の疲労回復には、日常生活に意識的に変化を取り入れていくことが効果的と言われています。子どもの頃、誰もが一度は夢中になったラクガキのような、ルールや固定観念にしばられない自由なアート表現でアウトプットするワークを通じて、「お疲れ脳」をリフレッシュしましょう!今回は、さまざまな「カタチ」から発想や想像を膨らませるドローイングワークを行います。天井の模様がだんだんと人の顔に見えてくる・・・子どもの頃、そんな経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか?そんな子どもの頃の想像力を思い出しながら、昔懐かしいクレヨンを使って自由にのびのびと描いていきます。ドローイングを通して気持ちの解放、ストレス発散、リフレッシュをはかるだけではなく、描いた作品を使って「対話」を行うことで、自分自身を振り返る、新たな視点に気づくといった効果が期待できます。また、クリエイティブ思考はこれからのAI時代、ますます求められている重要なビジネススキルです。
  • 【講師】
    合同会社anohi / おとなの図工クラブ代表 鎌田奈那美
    1988年群馬県生まれ。11歳より油絵を始める。出版社にてホビー雑誌の商品企画を担当する一方、 2013年大人のための自由な表現の場を求めて「おとなの図工クラブ」を立ち上げる。
    (※)当日のディスカッション内容などは、ウーマンズラボに匿名で後日活用させて頂く場合もございます。

お申込み

  • こちら
    ※お名前、お電話番号、メールアドレス、参加ご希望の旨またはご質問内容をご記載ください。

主催

ライフスタイル・就転職・教育事業サポートとコンサルティングを行う株式会社エール・ヴァンクールと、女性向けヘルスケア市場の消費動向分析を行うウーマンズの共催です。

協力

・REISM STAND

 

一緒に読まれている記事